検索
  • kaikoma

登山道情報(1月31日)


本日は小屋番の交代日となりました。

コンディション良く、登下山とも快適でした。

明日以降は南岸低気圧の影響で降雪が予想されます。今日の情報を元に、今後の天気予報や小屋からの積雪情報などで状況を想像して登山に役立てて下さい。

【登山口〜笹の平〜刃渡り〜五合目】

相変わらず登山口から雪はありますが、しっかり踏まれていて快適に歩くことができました。

この時期の尾白川渓谷の水は本当に澄んでいます。

八丁坂のアイスバーンはほぼ解消されています。不安な方はアイゼンなどをご使用下さい。

なお、刃渡りから刀利天狗は、アイゼンがあった方が安心です。

刀利天狗から五合目までも、現状は高速道路状態です。しかしここは、降雪後は必ずラッセルになります。先週の南岸低気圧の通過後に登った時は、スノーシューで平均でスネぐらいもぐりました。

【五合目〜七丈小屋】

やはりこの区間はアイゼンとピッケルの使用をおすすめします。

昨年の今頃と違って、かなり雪が少ない印象です。

ルート上の雪は安定していて歩きやすいですが、ここも降雪後にはガラッと雰囲気が変わる区間です。特に下山時は慎重に行動してください。

【七丈小屋〜山頂】

皆さま早い時間で往復されています。現状ではラッセルはほぼありません。

八合目から九合目にかけては冬ルートとなっています。尾根上を歩く箇所が多く、頂上に向かって左側の雪庇や、赤石沢側の滑落には十分気をつけて下さい。

核心部のルンゼ状地形は大岩を右から巻いて入る冬ルートです。特に下山時は絶対にミスは許されません。確実な歩行で行動してください。

二本剣の烏帽子岩も右から巻く冬道となっています。

現状は頂上までトレースがバッチリ残っているようですが、これも明日以降は大きく変わる可能性があります。最新の天気予報と現地情報を元に、登山計画を立ててください。


1,111回の閲覧

甲斐駒ヶ岳 七丈小屋

ご予約・お問い合わせ

※電波不良時や作業中などの場合は、電話に出られないことがあります。ご了承ください。

FA.jpg
正方形ロゴ.jpg

© 2019 甲斐駒ヶ岳七丈小屋