検索
  • kaikoma

山頂へ


ここ数日、朝に外に出るともわっと暖かく、慌てて寒暖計を見ればプラス10℃と言う気温。

お陰で雪解けは勢いを増してますが、上の様子も気になるところ。

山頂辺りまで出掛けてみました。

テント場。

雪面も整地してあるし、雪のないところも増えて数張りは余裕で張れます。

ザラメの雪を踏みながら登ります。

今年は雪が少なく雪解けも早く、、、と言ってもまだまだしっかり雪です。

八合目付近。

岩と岩の間にはまだまだ雪が詰まってます。

今日は風もなく日差しが強い。半袖でちょうど良い感じ。

アイゼンがビシッと決まる一歩もあれば大体がズルズルで、時にズボッと潜ります。

ほら。

岩ごろの箇所は雪の中が空洞になっていてスコッと入ります。

特に下りは体重が乗るのでよく踏み込みます。

注意!

核心部のルンゼはすでに夏道がメインになりました。

ルンゼ下部。

ステップが崩れやすいザラザラな雪面。

しっかり踏みながら一歩一歩登りたい。

ルンゼ上部は岩が出ていて氷とミックス。

下りは特に慎重に。

いつもの場所から振り替えって富士山にこんにちは。

頂上直下。

最後のひと登りは快適な雪面。

風の強い日は煽られないように注意。

この日は半袖で、しかもサングラスも忘れて登ってしまった。

山頂への往復だけで顔がヒリヒリするくらい。

日焼け対策やサングラスは忘れずに。

あと、手袋は暑いので脱いでしまいがちだけど、この時期の雪面はうっかり手をつくと擦り傷負うこともあります。

薄手の手袋でも必ずつけましょう。

もちろんピッケル持つ手を怪我しないためにも。

万が一踏み抜いて抜け出すのに難渋することも多々あり。そんなときに素手では辛いしね。

雪も緩めば気も緩むこの時期。

ミスのないよう慎重に。

街は初夏を思わす陽気だとか。

まだまだ雪を楽しめますよ。


835回の閲覧

甲斐駒ヶ岳 七丈小屋

ご予約・お問い合わせ

※電波不良時や作業中などの場合は、電話に出られないことがあります。ご了承ください。

FA.jpg
正方形ロゴ.jpg

© 2019 甲斐駒ヶ岳七丈小屋