検索
  • kaikoma

3月19日の日記

最終更新: 3月20日

本日麓の高根町からの職場の外観。



気持ち色黒になったかなあと思ったらまた少し白くなったかな。


とにかく威風堂々、素敵なお姿。



尾白の駐車場でプラス7℃。

少し歩けば暑くなる、半袖でスタート。



一昨日の晩に降ったらしい雪がちっと見えたけど、本格的には笹平分岐前から。


雪が出てくれば滑り止めを。

分岐過ぎて暫くしてからチェーンスパイクを装着。 しかし気温の高さと湿った雪が靴底に纏わりついてすぐにダンゴに。

時期にしてみればそんな時期だ。しかしこのダンゴには閉口してしまう。湿った雪はそこそこのフリクションがあるので思い切って外した方が良いかも。しかし外したらくれぐれもスリップに注意して。




刀利天様。

下山時よりもまた少し雪が増えたかな。


ここから黒戸山のトラバースも変わらぬ湿雪が多く積もっていた。



アンチスノープレートの着いたアイゼンならば酷いダンゴにはならなそうだ。


数日前の雪を引きづりながら五合へ。


五合からはアイゼンの領域。

雪は深くないが凍結、湿雪、土の部分と岩、いろんなコンディションの登山道を小屋まで歩く。



小屋から上は、すれ違ったパーティの話ではラッセルが多いところでは腰まで。それでも上は雪も飛ばされてそこそこなコンディションで登頂したらしい。


明日からかなり強い風が吹く予報。

小屋までのルート上でもバランス崩したら危険な箇所はたくさんある。小屋から上はもちろん然り。

晴れていても強風での敗退は当たり前。


好天、そして気温が高くとも風で全てイメージひっくり返される事も。

装備、そして判断もしっかり慎重に。

0回の閲覧

甲斐駒ヶ岳 七丈小屋

ご予約・お問い合わせ

FA.jpg
正方形ロゴ.jpg

© 2019 甲斐駒ヶ岳七丈小屋