検索
  • kaikoma

3月25日の日記

今週前半の気温は真冬並みに下がり昨日の晩はマイナス13度まで下がった。

今朝の気温は0度。

外に出たら生暖かい。なんともキツネにつままれたような気温差。

昨日は夜から朝にかけて小雪が舞い、そして風が強かった。

そんな中、単独の登山道が山頂を往復してきたが、低気温と吹き付ける風、吹き溜りのラッセルと、緊張感のある冬仕様の甲斐駒を満喫してきたようで小屋に戻ってきた時には凍てついた赤い顔をほころばせていた。

やる気と経験値によって遠くにも近くにも感じる山の頂なのだけど、単独登山者はそのすべてが自分にかかっている。

判断を自分で下すのがとても難しい。気持ちだけで突っ込んではもらいたくないが、、、、。

これから気温の大きな変化でコロコロ変わるコンディション、ある意味冬よりもテクニカルになる時期。

出来るのなら経験者と来ることをお勧めする。

三寒四温。

週後半は気温が上がるそうだ。

そして週末は悪天になりそう。

雨かなあ、、、。

春が待ち遠しいような、まだまだ白い冬でいてほしいような。

冬の初めの雪はその白さで圧倒されるけど、春の雪解けははっきり言ってダラダラとまだらで汚くて歩きづらくて不快だ。

森の中の芽吹きが始まるまでは楽しい要素が少ない。

進級、進学、クラス替え、小屋開け、、、昔から春は憂鬱で元気にならない季節。大人になったら花粉症でさらに嫌いだ。

勝手なことを言ってるな。

なににせよこの昨今、暗い気持ちにならずに体調管理はいつも以上に気を付けたい。

昨夜は新型ウイルスにかかった夢を見てしまった。

覚悟はしているが夢で良かった。

皆様も季節の変わり目、体調崩さぬように。



今朝は元気な青空。

上空はこれまた元気な風が吹き荒れているようだ。


862回の閲覧

甲斐駒ヶ岳 七丈小屋

ご予約・お問い合わせ

FA.jpg
正方形ロゴ.jpg

© 2019 甲斐駒ヶ岳七丈小屋