甲斐駒ヶ岳黒戸尾根

思わず息をのむ絶景との出会い

甲斐駒ヶ岳黒戸尾根

標高差2200mの高度感

甲斐駒ヶ岳黒戸尾根

標高2,967mの山頂を目指して

甲斐駒ヶ岳黒戸尾根

数多くの名峰と出会える眺望の山

甲斐駒ヶ岳七丈小屋へようこそ!

 

七丈小屋でのご宿泊は、政府のGotoトラベルキャンペーンの対象になりません。

七丈小屋では、少しでもお客さまに還元できるようキャンペーン参加の準備を進めて参りました。しかし山小屋という立地上、宿泊のデータ管理および必要書類の準備等に対応できそうにないこと、少人数での運営ではキャンペーンのお問い合わせ対応にまで手が回らないことが理由で断念いたしました。

今年の運営につきましては、第一に感染者を出さないこと、感染を拡げないことを念頭に完全予約制・宿泊定員を絞り、毎日消毒作業等感染対策をおこなっています。
引き続き安全、安心に登山をしていただくためのサポートをしていきますので、よろしくお願いいたします。

なおキャンペーンがスタートした7月22日以降にご宿泊された方の中には事後還付申請用の宿泊証明書や領収書をお渡しした方もいらっしゃいますが、残念ながら還付の申請をしても対象とはなりませんので何卒ご了承下さい。

​ーーー

七丈小屋では、6月19日より営業を再開しております。

一時は今シーズンの営業そのものを諦めておりましたが、こうやって再び皆さまをお迎えできるようになったことを嬉しく思っております。皆様のご理解・ご協力が不可欠で、たくさんご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

七丈小屋は少人数で運営しております。今シーズンは午前中いっぱいをかけて清掃作業に専念しており、売店の対応や電話の応答ができない状況です。引き続き売店の営業はいたしませんので、ドリンクや行動食は多めに携行してください。グッズはオンラインショップをご利用ください。またご予約やお問い合わせは午後1時以降にお願いいたします。

今シーズンは、小屋のご宿泊(当面定員8名)・テント場(最大20張りまたは30名)ともに、「完全予約制」で営業させていただきます。まずはこちらのお願いに目を通していただきこちらから混雑状況をご確認の上、ご予約をお願いいたします。

【ご注意ください!】

黒戸尾根・日向八丁尾根ともに多くの登山者を迎えておりますが、北沢峠からのバスは長野側山梨側ともに今年は運休です。

北沢峠からバスでの下山はできませんのでご注意ください。また伊那市より登山の自粛要請も出ております。伊那市の山小屋の営業もありません。仙丈ヶ岳方面への登山につきましても、地元自治体のメッセージに耳を傾けていただきたく、よろしくお願いいたします。

加えて広河原へのバスやタクシーの運休や登山道の利用禁止北岳方面の山小屋の休業も決まりました。甲斐駒ヶ岳から鳳凰三山方面への縦走はできますが、広河原へのエスケープができないことを念頭に計画を立ててください。

また南アルプス全体で多くの山小屋の営業がない状況です。ご注意ください。​

七丈小屋オンラインショップ

新着ニュース

甲斐駒ヶ岳 七丈小屋

ご予約・お問い合わせ

FA.jpg
正方形ロゴ.jpg

© 2019 甲斐駒ヶ岳七丈小屋